視力回復手術のレーシックをしたあとは

視力回復手術のレーシックをしたあとは

視力回復手術をしたあとは、適切なケアが重要です。怠ってしまうと経過が悪くなり、感染症を引き起こす可能性があります。ケアのほか、毎日の生活でも注意が必要となります。

レーシックをしてからは、眼に負担がかかるようなことは避けます。長時間テレビを見たり、ゲームはしないようにします。

レーシックをしたあとは、車の運転は危険です。視力回復手術後は見えにくくなるということを、忘れないようにしておきましょう。

それからアルコールも控えます。洗顔は眼をこすらないようにするということが、大切です。このような生活での注意点のほか、レーシック後のケアとしては点眼をすることになります。

点眼は数種類処方されます。視力回復手術のあとの数日間は、点眼をさしていることが多くなります。決まった時間に点眼を使いますが、一度に複数の点眼は使用できません。時間をずらし、それぞれの薬がきちんと眼に作用するようにするためです。1時間おきにしなければいけない点眼もありますが、点眼をしないと視力回復させることができません。ここで感染症にならないためにも、きちんと点眼を使いましょう。レーシックによる感染症がまったくないというわけではないのです。医師の指示をきちんと守りましょう。