視力回復法のエピレーシック

視力回復法のエピレーシック

レーシックを受けたいと希望していても、誰もが受けることはできませんでした。そのレーシック以外の方法によって、視力回復ができる方法が、エピレーシックです。スポーツ選手や角膜が薄いという人でも、この方法での視力回復が期待できます。スポーツ選手は激しい動きをするために、レーシックで作るフラップが外れてしまう可能性があります。このフラップをエピレーシックでも作ります。ですが、角膜の上で自然に消えていくという特徴があります。視力回復時に必要な、フラップの効果を持続できるのです。フラップの作成を、レーシックよりも一段と薄くして作るということが、この治療法を実現しています。

安心して受けることのできる治療ですが、術後はまぶしいと感じることが多くなります。また、視力回復術自体も痛みがあるとされています。術後はコンタクトレンズを使用します。エピレーシックでは自然にフラップがなくなっていき、角膜を保護するものがなくなります。角膜上皮ができるまでの間に、コンタクトレンズで保護しておくのです。期間はそれほど長くはありません。これまで受けられなかった人でも受けることができるということからすると、メリットのほうが大きい治療法です。