イントラレーシックで選ぶ レーシック手術の眼科・病院の選び方

イントラレーシックで選ぶ レーシック手術ができる眼科・病院・クリニック

品川近視クリニック
1位

品川近視クリニックのイントラレーシックは、さらに効果と安全性が高まった「スーパーイントラレーシック」です。スーパーイントラレーシックはフラップの作成に「イントラレースFS60レーザー」を使用し、屈折矯正には「アレグレットウェーブアイキューブルーライン」を使用します。1万症例を超える経験豊富なドクターが中心となってチームを編成する最高級スーパーイントラレーシックも用意されています。

品川近視クリニックの詳細


イントラレーシックで選ぶ レーシック手術の眼科・病院の選び方

イントラレーシックは、レーシック治療を更に改良した手術法です。レーシックで使われていた、金属製の刃に替わって、最新のイントラと言われるレーザーメスにより、正確で迅速な処理が可能で、より治療効果を高めるものです。 イントラレーシックとは、通常のレーシック技術を一段階、向上させたものと考えていいでしょう。 現在、レーシックでの視力回復手術を受ける人の多くが、このイントラレーシックを選んでいます。

レーシックからイントラレーシックへ切り替える眼科も増えていますが、イントラレーシックのための設備は、厚生労働省の認可を受けた最先端のもので高額なものです。 機械を導入したくてもできないというのが多くの眼科の現状です。 そのため、イントラレーシックを受けられるのは、大手レーシッククリニックに限られているのが現状です。

レーシックとイントラレーシックの違いは、フラップと呼ばれるフタの作成方法にあります。レーシックはマイクロケラトームという物でフラップを作成するのに対し、イントラレーシックは高精度レーザーによってフラップを作成していきます。フラップの作成をコンピュータ制御されたレーザーで行うことによって、安全性と精度が高くなったのです。

先天的に角膜が複雑な形をしている人は、通常のレーシックは行えません。 しかしイントラレーシックでは、こういった角膜が複雑な形をしている人にもフラップが作れ、視力の矯正が行えます。 レーシックでの視力回復手術後に起こるドライアイの確率も低く、視力の回復効果も高いことから、イントラレーシックを選ぶ人が増えています。

もちろん基本となっているレーシックの安全性も高く、視力回復の効果もありますので、どちらを選ぶかは各クリニックの医師と相談し決めるようにしましょう。

当サイトではランキングでクリニックを紹介していますが 大手のクリニックだけをランキングで紹介しています。 順位はあくまで相対的な評価です。 ランキングに入っているクリニックであれば安心という意味で紹介しています。