エピレーシックで選ぶ レーシック手術の眼科・病院の選び方

エピレーシックで選ぶ レーシック手術ができる眼科・病院・クリニック

品川近視クリニック
1位

品川近視クリニックは、レーシック手術症例数が多い最大手です。 1万症例以上の実績のある医師が多数在籍しています。 また、実際にレーシック手術を受けた方の満足度も非常に高く、品川近視クリニックの患者の約7割が以前に手術を受けた方の紹介によるものです。

品川近視クリニックのエピレーシック


エピレーシックで選ぶ レーシック手術の眼科・病院の選び方

エピレーシックは、普通のレーシックよりも薄いフラップを作ることが出来るために、フラップが回復するのもとても早いので、角膜の薄い人や激しい運動をしている人に向いているレーシックの方法です。

角膜が極端に薄い人は、通常のレーシック手術は受けられませんが、 エピレーシックは角膜の薄い人にも対応できる手術です。 またボクシングなどのように、眼に衝撃を受ける可能性のあるスポーツ選手などは受けることが出来ませんでした。 エピレーシックは、このような人にも手術が可能であるという特長をもっています。

普通のレーシックでは強い衝撃が目にかかるとフラップが外れてしまうことがあるといわれています。しかし、エピレーシックの場合には、フラップが外れることもないので、格闘技などの強い衝撃を受けるスポーツをしている人などに適しているレーシックです。 また、目への照射時間が短いため、治療中の目へのストレスは、通常のレーシックよりもエピレーシックの方が少ないといえます。

通常のレーシックよりもメリットが多く思えますが、デメリットもあります。 通常のレーシックは軽い圧迫感を感じる程度ですが、エピレーシックの術後には痛みを感じる人が少なくありません。またエピレーシックの手術後は、人にもよりますが3〜7日程度、保護用のコンタクトレンズやサングラスを着用する必要があります。

エピレーシックは視力回復手術後に多少のデメリットがありますが、レーシックを受けたくても受けられなかった人には画期的な方法になっています。

最終的には、各クリニックの医師と相談して、どのタイプの手術が最適化を判断するようにしましょう。

当サイトではランキングでクリニックを紹介していますが 大手のクリニックだけをランキングで紹介しています。 順位はあくまで相対的な評価です。 ランキングに入っているクリニックであれば安心という意味で紹介しています。